沖縄UMARE ワークショップ

沖縄にニューボーン撮影の勉強に行ってきました!
生後2週間の新生児の撮影をするにあたって、一番大切なのは安全性です。ニューボーンが認知されるのは大変嬉しいことですが、見よう見まねで出来るほど簡単なものではありません。
実際に撮影を重ねていく度に、より深い新生児の知識を得たいと強く思うようになり、沖縄で活躍している助産師兼ニューボーンフォトグラファーのumareのワークショップに参加してきました。
ポイントはただの助産師の話ではなく、ニューボーンの撮影に特化した研修ということ。赤ちゃんとママのこと、お産や病気のこと、撮影で気をつけなければいけないこと、安全なポージングなど、沢山の情報を得る貴重な機会となりました。
手の洗い方や消毒の正しい方法など、細かすぎて驚きましたが、新生児を扱うということは、こういうことがとても大切です。
日々勉強です!